オフィスや会議室等をレンタルすること|様々な事柄を管理

不動産を利用する前にチェックしておくこと

レンタル時の注意

レンタルオフィスにおける注意点について

レンタルオフィスはもともと活動拠点が地方にあるような会社が、対外的に都心にオフィスを構えているかのようにできるために利用していたものです。現在ではレンタルオフィスは実際に活動の場として利用できる空間となり、仕事を行う上で必要な環境が整うものです。たとえ短期間の利用であっても、会社登記の必要がある点を注意することが大切です。 レンタルオフィスには一室借りるケースと、ブースごとに分かれるもの、そしてテーブル単位で借りることができるものもあります。 テーブル単位のレンタルオフィスであれば、時間貸しも可能なために登記は不要となります。ただし、必要とするネット環境などの設備が整っているかを確認することは必要です。

日焼けのリスクを考えて

一般的な居住用の賃貸物件とは異なり、あくまで仕事場としてのレンタルオフィスを吟味する場合、その部屋の向きについては特に気にする必要は無くなります。余程日当たり陽光な部屋でなければ仕事が捗らないというケースを除き、室内照明の工夫次第で十分快適な仕事環境を作り出す事が出来るからです。 むしろ日当たりを重視してレンタルオフィスを選んだ際、そのデメリットもまた理解しておく必要が生じます。 レンタルオフィスを日当たり良好な南から西向きの物件から選んだ際、窓のブラインドを始めとした遮光装置を配置し確実にセッティングしないと、強烈な日照により内部のオフィス家具やインテリア等が日焼けを起こし、黄ばんでしまうといったリスクが生じるのです。 どうしても明るさを求めてレンタルオフィスを選びたい時はせめて、午前中のみ日照が得られる東向きまでを選択肢に入れるのが正解でしょう。